ホーム > 入院のご案内 > 回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟

脳血管疾患、大腿骨頚部骨折などの急性期医療に引き続いて、ADL(日常生活動作)能力向上を目的に集中的なリハビリテーションを行う病棟です。(病床数:32床)

回復期リハビリテーション病棟 基本方針

1.専門的知識に基づき、質の高い医療リハビリテーション・看護・介護を提供します。
2.快適な機能回復の場として、チーム一丸となり自宅復帰・社会復帰を目指します。
3.地域リハビリテーション施設として、地域の人々と共に医療・福祉・介護のネットワークづくりに参画します。

病棟スタッフがひとつのチームとなって連携し、医師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・看護師等が共同でプログラムを作成し、できるだけ早期にその人らしい生き方に合わせた社会復帰を目指します。
回復期リハビリテーション病棟では、毎日がリハビリテーションと考えています。患者様の一日も早い回復に向けてリハビリスタッフはもちろん看護・介護職員・薬剤師など関係するスタッフが一日の生活動作全般(食事・入浴・移動・ベッド上での動作から何気ない動作まで)をリハビリと考えプランを実行します。

回復期1 回復期2
     
入院期間は以下のように疾患により異なります
対 象 疾 患 入院期間上限
脳血管疾患、脊髄損傷等の発症又は手術後  150日
高次機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頚髄損傷及び頭部外傷を含む多発外傷  180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の骨折又は手術後  90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により生じた廃用症候群を有しており手術後又は発症後  90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節神経・筋・靭帯損傷後  60日
股関節又は膝関節の人工関節置換手術後  90日

 

家屋調査

家屋調査

ご自宅の改修は、患者様が退院される前までに終えておくことが理想的です。患者様が退院されるまでにスタッフが綿密に家屋調査を行い、改修のアドバイスをいたします。さらに改修後も点検作業を実施し、問題点があれば改善策を提案いたします。
また、退院までに改修が終了しなかった場合でも、訪問リハビリのスタッフが引き続きフォローいたします。実際の生活環境を調べ、その資料を元にみんなで考え、退院後の患者様にあったリハビリを提供します。

Access

〒849-1304
佐賀県鹿島市大字中村2134-4
医療法人 天心堂 志田病院

TEL0954-63-1236
FAX0954-63-1237