ホーム > 看護部のご案内

看護部理念

  私たちは、安心と満足を感じて頂ける心のこもった看護・ケアを提供します。

 作成:2004年4月  1日
 改訂:2016年4月21日


2020年度看護部 戦略

  選ばれる病院を目指す 〜進化と深化〜

2020年度看護部 目標

  ◆地域包括ケア病院としての認知度の向上
  ◆栄養管理の向上
  ◆次世代につながる業務改善
  ◆プロフェッショナリズムを育む教育

看護体制

回復期リハビリテーション病棟

   回復期リハビリテーション病棟入院基本料3(本館2階病棟32床)
   「入院基本料に対する15対1看護職員及び30対1看護補助者の配置について」
 1日に7人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と4人以上の看護補助者が勤務しています。
   なお、時間帯毎の配置は以下の通りです。(月平均の傾斜配置)
    8:00〜17:00まで 看護職員一人当たりの受け持ち数は5人以内、
                               看護補助者一人当たりの受け持ち数は8人以内です。
    17:00〜8:00まで 看護職員一人当たりの受け持ち数は32人以内、
                               看護補助者一人当たりの受け持ち数は32人以内です。

 

地域包括ケア病棟

   療養病棟入院基本料1(新館2階病棟20床)
「入院基本料に対する20対1看護職員及び20対1看護補助者の配置について」

   地域包括ケア入院医療管理料1(新館2階病棟28床)
 「入院基本料に対する13対1看護職員の配置について」

 1日に15人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と8人以上の看護補助者が勤務しています。
   なお、時間帯毎の配置は以下の通りです。(月平均の傾斜配置)
    8:00〜17:00まで 看護職員一人当たりの受け持ち数は4人以内、
                               看護補助者一人当たりの受け持ち数は6人以内です。
    17:00〜8:00まで 看護職員一人当たりの受け持ち数は24人以内、
                               看護補助者一人当たりの受け持ち数は0人です。

看護部紹介

当院は地域のかかりつけ病院としての役割を担っています。在宅医療や外来・入院医療、そして介護の現場と、さまざまな場面で看護スタッフはもちろん、多職種のスタッフが活躍しています。患者様の体調やニーズが変化しても、お一人おひとりを切れ目なく多職種でサポートしています。
当院に入職すれば、地域に根ざした医療・介護の現場で働くたくさんの仲間と、やりがいを持って働くことができます。

地域包括ケア病棟

地域包括ケア病棟師長
師長 松浦 美香
当院の地域包括ケア病棟は、地域包括ケア病床と療養病床を有している病棟です。在宅や介護施設等において症状が急性増悪した患者様や、急性期経過後に引き続きリハビリや医療の提供が必要な患者様の受け入れ機能と、在宅復帰支援機能を担っています。
特徴としては在宅からの受け入れが多く、多職種恊働にて地域に密着した病棟の運営を行っていることが挙げられます。地域医療を担う医療機関として、「ときどき入院ほぼ在宅」の実現を常に目指しています。

 

地域包括ケア病棟主任
主任 武富 梨花
地域包括ケア病棟には、認知症の患者様の入院も多く認知症ケアにも力を入れています。ユマニチュードを参考に、患者様の立場に立ったケアを提供しています。
また、患者様の意思を尊重し病気だけでなく、生活や人生に目を向け、患者様とその家族をチームで支えています。患者様の人生に関われることに感謝し、看護師という職業を選んで良かったと痛感できる職場です。

 

地域包括ケア病棟副主任
副主任 森永 久美子
地域包括ケア病棟には、人生の終末期を過ごされる患者様もいます。患者様一人ひとりその人らしい最期を迎えることができるようご本人、ご家族と話し合い支援しています。積極的に話し合いができるよう今までの背景の情報収集を丁寧に行っています。私達は寄り添う看護を大切にしています。

 

回復期リハビリテーション病棟

回復期リハビリテーション病棟師長
師長 井﨑 若菜
当院の回復期リハビリテーション病棟は「限られた入院期間の中で、在宅生活動作能力の向上を図り、自宅退院を目指す」というスローガンを掲げ、患者様の在宅復帰に向けて支援する病棟です。医師を中心に看護スタッフ、リハビリスタッフ、薬剤師、管理栄養士、ソーシャルワーカーなどの多職種でチームを編成し、退院支援に向けた活動をしています。患者様が元気にご自宅に帰る姿を見て、大いに喜びを感じることのできる病棟です。

 

回復期リハビリテーション病棟主任
主任 吉森 弓恵
回復期リハビリテーション病棟は、患者様の在宅復帰を目標に、チームで一丸となり退院支援をしています。入院当初は歩行が出来なかった方が歩行して退院する姿や、食べられなかった方が口から食事を摂れるようになり笑顔になる姿を見ると自分も笑顔になります。
やりがいや喜びを感じる事ができる職場だと日々実感しています。

 

外来

外来主任
主任 小池 美枝
当院の外来は、高齢者から乳児までの幅広い年齢層の方が家族ぐるみで受診される、地域のかかりつけ医としての役割を担っています。訪問診療にも力を入れており、24時間365日、かかりつけの患者様へ対応できる体制をとっています。
また、予防医療にも注力しており、健康診断や予防接種はもちろん、疾病予防のための啓発活動も積極的に行っています。

 

外来副主任
副主任 寺﨑 愛
外来は、家族ぐるみで長年受診されている方ばかりで、まさに地域のかかりつけ病院であると強く感じます。通院されていた方が入院されても、また退院されて在宅に戻られても、切れ目なく患者様を支えることができるのが当院の強みだと思います。患者様を含めたアットホームな雰囲気が当院の魅力です。

 

地域に根差した、開かれた病院です

◆さまざまなイベントを通して、患者様や地域の方々との交流はもちろん、スタッフ間の交流も図れます。

◆疾病予防や健康増進のための啓蒙活動にも力を入れています。

◆次世代に対しての職業体験や看護学生の実習の受け入れ施設です。

未就学児・学童期のお子さんを対象としたちびっ子ナース体験の開催、中高生の職場体験や看護学生の実習の受け入れもしています。

働きやすい制度や環境が整っています

◆各種休暇・休業制度の取得実績があります。
 人生のさまざまなステージにおいても仕事が続けられるよう支援します。
◆職員宿舎があります。
◆看護・介護スタッフの業務量を軽減するために、サポートスタッフの配置や外部業者への業務委託など、働く環境の改善に取り組んでいます。
◆スタッフの負担を軽減し、安心して働けるよう最新の機器を導入しています。

ベッドサイドで情報共有できるよう、オリジナルのピクトグラムを開発。ひと目で患者様の情報がわかります。
全病床のベッドサイドからTPRシートにバイタルサインを伝送することができます。記録の手間が省け、転記ミスもありません。
当院は入院患者様に身体抑制をしないことを徹底しています。質の高い見守りをサポートする最新機器を導入し、安全と尊厳を両立をした看護を提供しています。

Access

〒849-1304
佐賀県鹿島市大字中村2134-4
医療法人 天心堂 志田病院

TEL0954-63-1236
FAX0954-63-1237