ホーム > 看護部のご案内 > 先輩の声

先輩の声

中島

私は、入職から現在まで看護部 外来の看護師として診察介助や訪問診療補助に携わってきました。
当院の外来は内科、外科、小児科、整形外科、消化器科、リハビリテーション科を掲げており、小児からご高齢の患者様が来院されています。 私が担当する訪問診療補助業務は、医師と共に患者様宅への訪問を通して患者様だけではなく、ご家族との信頼関係も深く感じます。そして、患者様の在宅療養生活を支援することにやりがいを感じています。
外来看護スタッフは、20代〜50代のスタッフからなり、お互いに協力しあって勤務をしています。子育て中の若い看護スタッフが安心して働けるよう全体でサポートしていてアットホームな雰囲気があります。
私たちは、外来機能がより良くなるために情報共有し、業務改善を行っています。そして、日々の気づきや反省を活かし患者様により良い看護が提供できるよう努力を継続していきたいと思います。

 

木下

私は、入職から現在まで、看護部 回復期リハビリテーション病棟の看護師として勤務しています。
回復期リハビリテーション病棟では、手術後や脳卒中治療後等でリハビリが必要な方が入院されています。医師をはじめ、看護師、介護士、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、社会福祉士、栄養士がチームとなり、患者様の自宅退院を目標に関わらせていただいています。
チームアプローチの成果を学会で発表した経験もあります。学会では、他の回復期リハビリテーション病院の取り組みを知る機会になり学びが多く、とても貴重な経験でした。日々、患者様との関わりや他職種との関わりの中に気づきや学びが多く、業務にやり甲斐を持ち、励むことが出来ています。
また当院では、各部署ごとに、研究や教育が積極的に行われており、学会での演題発表等、数多くの研究成果の発表が出来ています。

看護学生

池田
池田 彩香
私は看護科の3年生です。現在、看護学校に通いながら准看護師として勤務しています。
私は10年前にケアワーカーとして志田病院に入職し、ケアワーカーの経験を経て看護学校へ社会人枠で入学しました。最初は学業と仕事の両立が大変と思うこともありましたが、学校で学んだ事を臨床の場ですぐに実践出来るため、多くの経験や学びを得ることが出来ます。
また、病棟のスタッフの雰囲気が良く働きやすいため、両立することが出来ていると感じます。現在は、来年に控えている看護師の国家試験に向け、日々実習や勉強に励んでいます。

 

江口
江口 雅人
私は看護科3年性です。当院で働き始めて4年がたちますが、分からないことがあれば先輩看護師が優しく教えて下さいます。勉強と仕事の両立は大変ですが、看護技術など現場で学べることが多いのでとても勉強になります。

 

中村
中村 美紗子
私は看護科の3年生です。私が勤務する地域包括ケア病棟は様々な病気を抱えた患者さんが入院されています。疾患に応じた観察・処置だけでなく、患者さん一人ひとりの生きてきた道や思いを尊重した関わり方や人が亡くなるということ、多職種との連携など、座学だけでは得ることが出来ないことを学ぶことが出来ます。
また、当院はプリセプター制度が導入されており、担当プリセプターが親身になって話を聞いて下さいます。また、スタッフも皆親切で相談しやすく、学生という立場を考慮して下さりとても働きやすい環境です。患者さんからの「ありがとう」は頑張る糧になります。学業と仕事の両立は大変ではありますが、一緒に頑張りましょう。

 

中島
中島 璃子
私は看護科の3年生です。看護科3年生になり、臨地実習が始まりました。臨地実習では受け持ち患者さんがおり患者さんの個別性に応じた援助を行います。疾患や病状、患者さんの希望、普段はどのようにされているのかなど様々な視点から情報収集し、一人ひとりに合った援助を行うことが看護だと学びました。患者さんの援助計画で悩んだ際、援助内容で困った際は職場の上司に相談しアドバイスを頂けること。また、普段の業務で行っている清拭や入浴介助などの技術に関しては実習中、困ることなく実施することが出来ます。
私は、患者さんとのコミュニケーションが苦手でした。しかし、日々の業務の中で上司が患者さんのベッドサイドへ行き、同じ目線で寄り添い笑顔で接する姿を見ているうちに自然と私も患者さんとコミュニケーションをとることが楽しくなりました。学業と仕事の両立は大変ではありますが、一緒に頑張りましょう。

 

久保
久保 舞衣
私は看護科2年生です。准看護師の資格を取得し2年目になります。当院は、地域に根ざした医療を提供し患者さんのニーズに切れ目のないよう多職種で対応しています。私も患者さん一人ひとりに寄り添って個別性に応じた看護ができるように頑張っています。分からないことは先輩方に聞きやすく、相談しやすいため多くを学ぶことができます。勉強と仕事の両立は大変ですが患者さんやスタッフの皆さんに励まして頂きながら、看護師という夢に向かって頑張っています。

 

寺山
寺山 聖礼
私は地元の看護学校に通いながら働いています。仕事内容としては主に入浴介助や排泄介助、食事介助といった日常生活面でのケアを行っています。
最初は覚えることもたくさんあり、大変な思いをすることもあるかもしれませんが、患者さんの笑顔や「ありがとう」の言葉に励まされ、とてもやりがいのある仕事です。学校の勉強と両立をしながら仕事をすることは大変ですが、一緒に頑張っていきましょう。

 

久保
久保 愛奈
私は准看護科2年生です。学校に通いながら勤務をしています。当院は、一人ひとりにプリセプターがつき、親身になって指導してもらうことができます。業務のことだけでなく、学校のことも相談にのってもらえます。
学校から仕事に戻って来ると、患者さんから「おかえり」と声をかけてもうことも多くあります。その度に、嬉しい気持ちになり、頑張ろうと思います。 学校と仕事の両立は大変ですが、とても周りの方々に恵まれていると日々感じます。一人ひとりの患者さんと寄り添い、まずは准看護師の資格取得に向けて頑張って行きたいと思います。

 

植松
植松 祐樹
私は3月で看護学校を卒業しました。大変な思いもたくさんしてきましたが、嬉しい事もたくさんあります。先輩たちも優しく丁寧に教えてくれます。そのため、学業との両立が出来ました。

 

 

看護部紹介動画  

Access

〒849-1304
佐賀県鹿島市大字中村2134-4
医療法人 天心堂 志田病院

TEL0954-63-1236
FAX0954-63-1237