ホーム > 看護部のご案内

看護部理念

  私たちは、安心と満足を感じて頂ける心のこもった看護・ケアを提供します。

 作成:2004年4月  1日
 改訂:2016年4月21日


2020年度看護部 戦略

  選ばれる病院を目指す 〜進化と深化〜

2020年度看護部 目標

  ◆地域包括ケア病院としての認知度の向上
  ◆栄養管理の向上
  ◆次世代につながる業務改善
  ◆プロフェッショナリズムを育む教育

看護体制

回復期リハビリテーション病棟

   回復期リハビリテーション病棟入院基本料3(本館2階病棟32床)
   「入院基本料に対する15対1看護職員及び30対1看護補助者の配置について」
 1日に7人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と4人以上の看護補助者が勤務しています。
   なお、時間帯毎の配置は以下の通りです。(月平均の傾斜配置)
    8:00〜17:00まで 看護職員一人当たりの受け持ち数は5人以内、
                               看護補助者一人当たりの受け持ち数は8人以内です。
    17:00〜8:00まで 看護職員一人当たりの受け持ち数は32人以内、
                               看護補助者一人当たりの受け持ち数は32人以内です。

 

地域包括ケア病棟

   療養病棟入院基本料1(新館2階病棟20床)
「入院基本料に対する20対1看護職員及び20対1看護補助者の配置について」

   地域包括ケア入院医療管理料1(新館2階病棟28床)
 「入院基本料に対する13対1看護職員の配置について」

 1日に15人以上の看護職員(看護師及び准看護師)と8人以上の看護補助者が勤務しています。
   なお、時間帯毎の配置は以下の通りです。(月平均の傾斜配置)
    8:00〜17:00まで 看護職員一人当たりの受け持ち数は4人以内、
                               看護補助者一人当たりの受け持ち数は6人以内です。
    17:00〜8:00まで 看護職員一人当たりの受け持ち数は24人以内、
                               看護補助者一人当たりの受け持ち数は0人です。

看護職員の負担軽減及び処遇改善計画

2019年12月改定

1.看護職員と多職種職員の業務分担

現状・課題改善計画
①入退院の書類の準備に時間がかかる。①地域医療連携室の社会福祉士による準備
②PHS電話機が不足している。
②電話応対に時間がかかる。
②病棟内PHS電話機の増設
②病棟医事スタッフで、電話を積極的に受ける。
③検査や他院受診などの患者案内に時間がかかる。③看護補助者(病棟ケアワーカー)との協働で案内する。
④経過記録入力に時間がかかる。④病棟内のノートパソコンの増設
④定型文作成
⑤食事介助及び評価に対する業務に時間がかかる。⑤セラピストによる嚥下指導を含めた食事介助を協働する。

 

2.IT導入における看護職員の負担軽減

現状・課題改善計画
①バイタルサイン入力に時間がかかる。①スマートベッドシステムの導入によるバイタルサイン測定情報を自動入力化する。
②夜勤時のセンサーへの対応で繁忙する。
患者の見守り等への対応で繁忙する。
②スタッフコールシステムを更改する。
見守りカメラシステムの導入による転倒予防管理強化
離床センサー機器やスマートベッドシステムの導入による危機情報等をスタッフスターション端末で一元管理化

 

3.業務委託による看護職員の負担軽減

現状・課題改善計画
①オムツ等の病棟での在庫管理に時間がかかる。①業者への委託による在庫管理等のアウトソーシング化
②ベッドメイキング等にも時間がかかる。 ②短時間勤務の非常勤職員の雇用による業務負担を軽減
(ワーキング・シェア・スタッフの募集)1〜2時間程度の勤務可能な非常勤の職員を新たに雇用する。

 

4.職場環境改善

現状・課題改善計画
①有給休暇の消化が難しい。①計画的な有給休暇取得へ向けた意識改善の為の勉強の実施
①安全衛生委員会での部署毎の有給取得率を月別に評価し、取得へ向けた啓発を行う。
②夜勤の看護業務が多忙である。 ②夜勤手当等の処遇改善へ向けた、経営への意見具申
②地域包括ケア病棟の2人夜勤から3人夜勤体制への変更

Access

〒849-1304
佐賀県鹿島市大字中村2134-4
医療法人 天心堂 志田病院

TEL0954-63-1236
FAX0954-63-1237